スポンサーサイト

  • 2017.10.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


kikagaku Moyo at das bach (03.08.17)

 熱い夏から大分時間が経ってしまったけど幾何学模様が家の近所のdas bachでライブをしてくれた。彼らも残念ながら行く事ができなかったOff Festivalに出演していた。結果ポーランドまで行かず家の近所で見る事できたので楽は楽でしたけど。

   

 びっくりするぐらい人がいっぱい。熱波も収まっていない夜だったので下の会場はサウナ状態。一回熱さ逃れで外出たら涼しく感じられた(笑)。良い感じにタバコの煙にマリファナの香りもまじりライブはスタート!汗の匂いも混じりライブは激カオス。でも揺れる、踊れる、最高!オーディエンスも徐々に盛り上がって行く。最後は2回もアンコールに答えてくれた。それぐらい反応はすごい良いライブだった。でも家の近くで楽に見られて良かったけど、せっかくだったら野外で見たかった。オーストリアの湖沿いの小さなフェスか山の中のフェスで彼らのライブもう一回見る事で来たら最高だろうな。


The Courtneys at Rhiz (12.06.17)

 カナダ発キュートで程よい感じのLo-Fiなサウンドが素敵なThe Courtneysのライブを見にRhizへ行って参りました。もうびっくりするぐらいライブを見ていない年です。そろそろ本腰を入れなければ2017年も終わりそうな勢い(笑)。すっかりサボリ癖が付いてきたこの頃ですが今からギアをアップして行きます。

 さてさてこのThe Courtneysですが、シューゲイズでドリーミーでLo-Fi好きには強くオススメです。

   

 激Lö-Fiではなく程よくタイトなサウンドが癖になります。今年のウィーンの夏は厳しい暑さなのですがThe Courtneysで乗り切ってます。これまた仕事中に愛聴してます。


Half Girl at Rhiz (18.01.2017)

 ベルリン発のガールズパンクバンド、Half Girlのライブで今年のウィーンでのライブ生活スタート。超ドはまりなキャッチーでLo-Fiなパンクロックが最高に心地良い。もともとウィーンをベースにして活動していたLuise Popのボーカルの子がやっているだけあって、かなりの注目度でびっくりするぐらい人が多かった。

   

 クソが付くほど最高な曲「Lemmy, I´m A Feminist」はクソ忙しい仕事中に愛聴してます。クソ最高です。まずタイトルが素晴らしすぎる...


Las Kellies at rhiz (06.12.2016)

 アルゼンチンのポスト、ニューウェーヴバンドLas Kelliesが新作『Friends And Lovers』を引っさげてウィーンにやって来た。前回のライブからもう4年経った事、今気がついたのですが前回同様、今回もかっこ良かった。特に新作の『Friends And Lovers』は大人の余裕が出てきた感がでてます。大人の女性のロックンロールというか、彼女たちの成長を感じております。ジャケの薔薇の写真も素敵なんですがここ最近ずっとヘビロテで聴いてます。

   

 大人の女性に成りつつあるせいか、前回のごちゃごちゃな感じと打って変わってめちゃ、おっさんの好みの女子に成長していてライブそっちのけでにやついてしまった(笑)。もう僕の中ではアルゼンチン=Las Kelliesです。サッカーじゃない、牛肉じゃないLas Kellies。最高です!ガールズ、ニューウェーヴ、ポストパンク好きにはオススメです。聴いてください!


The Fleshtones at das bach (08.11.2016)

 ニューヨークにて70年後半から今日まで地味ながらも息長く活動するサイケでグルーヴィーなロックンロールを奏でるThe Fleshtonesがウィーンにやって来た。このバンドが所属するYep Roc Recordsが元々好きでバンドの事を知ったのが最初なんですが今回ライブ見てこのバンドの虜になりましたよ。もうおじいちゃん、バリバリのロックンロールでぶったまげました。アホみたいに煽りまくるパフォーマンス最高でした!

   

 この人たちはロックンロールの魔法使いのおじいちゃん達です。とにかく動きます(笑)。今回、久々に家の近所のdas bachへ行ったのですがここは最高。ウィーンのライブハウスの中であまり行く機会のない場所なんですがライブ会場の雰囲気は魅力的です。アングラ臭とカジュアルの中間で居心地が良い。またなにかライブあったら何度でも行きたい場所です。


Minor Victories at Ottakringer Brauerei (25.10.2016)

 MogwaiのStuartにSlowdiveのRachelが参加のMinor Victoriesが家から徒歩3分で行けるOttakringer Brauerei にやってきた!夏のクラフトビール祭りの時とかマーケットが開催される時しかここ最近は行ってなかったので久々のOttakringer Brauerei でのライブにワクワクでした。ウィーン16区に住むメリットはこのビール工場とホイリゲがある事なのですが夏以外行く事が少なくなってしまうのでこのライブは貴重だった。それにしてもこの二人の組み合わせはシューゲイズ、ポストロック好きにはたまらない組み合わせだ。

   

 特にEditorsに関しては全く聴いた事がないのでコメントのしようがないのですが、1時間ちょいの短いライブだったのですがお腹は大満足。僕の目にはMogwaiとSlowdiveが交互に演奏してるとしか思えなかった(笑)。この2つのバンドは大好きなのでこの二人の印象というか力が強すぎて妙にこれがスーパーバンドなのかと納得してしまうほどでした(笑)。

   

 スーパーバンドではなくてスーパーアンダーグランドバンドっと言ったほうが良いかもしれませんね。自分も含めStuartのギターの弾き方に盛り上がってる男性陣は多かった。なんかあの体の揺れかた昔から好きです。


Guitar Wolf at Arena(20.10.2016)

 3年ぶりにGuitar Wolfがウィーンにやってきました。この日、別の会場のFlucではAcid Mother Templesがライブしてたりとこの日のウィーンはプチ日本デイでしたがGuitar Wolfのライブ行ってやっぱり最高でした。熱かった。

   

 最新作のチラノザウルス四畳半に因んでティラノサウルスのマスクで登場。熱いライブのスタート。

   

 「環七フィーバー」、「フジヤマアタック」をいつも通り聴けて本当に幸せでした!ウィーン住みながら日本のバンドのライブを見られる環境は本当に最高です。Guitar Wolf皆さん、感謝!もっと日本のバンド、ウィーンに来てくれたらもっと最高なんだけどなぁ。

 

 

 


Mudhoney at Szene(31.07.2016)

 またまたブログ書くのさぼり気味になってきた。ほぼ2ヶ月前、2週間の休暇の最後の日曜日、フォアアールベルグ州からウィーンに戻って来たばかりでしたがMudhoneyのライブに行って参りました。しかも久々のSzeneでのライブ。途中、場所忘れちゃって道中、不安になるアクシデントも有りの雷雨有りの大変な日だった。

なんとか会場に着いた時には雨がじゃんじゃか降り。とりあえずビールを呑んでMudhoneyを待つ。この日はオープニング・アクトのバンドが2つもあり遅く着いても全然間に合った。

   

 1年ぶりのMudhoney。去年のArenaより小さなハコのSzeneですがコアなファンが多数おり熱かった。ただ、本当に蒸し暑苦しいなか盛り上がって休暇中に満喫したミストサウナの再現(笑)。でも最高のロックンロールバンドであり、グランジについて個人としては強く語る事はしないし、できないけど僕に取ってMudhoneyは唯一のグランジとは言えるかな。最高でした!

 


Teleman at Chelsea (28.04.2016)

 前身のPete & The Piratesの事が好きで好きでたまらなかったのですがTelemanも最高でした!弾ける感じは押さえ気味ですが、玄人好みのリズム感がたまりません。
   
 内の息子もお気に入りでたまに音楽に合わせて踊ってくれています。さすがにChelseaに連れて行く事はまだまだ先の話になるけど、将来が楽しみです。我が息子の音楽センスに期待してしまいます。
   
 実はライブの日程分かるまでTelemanの事、まったく知らなかった。ドラムの人が日本人という事もライブの後知ったぐらい、ノーチェックでした(笑)。しかもMOSHI MOSHIからリリースしてるし、これは悪い訳がないでしょう(笑)。

Protomartyr at Chelsea (20.04.2016)

 デトロイト発、激渋でビシッと痺れるポスト・パンクロックを聴かせてくれるProtomartyrがウィーンにやってきた。ここ2、3年の間ずっとHardly Art系のバンドにハマっているのですがこのバンドもすごくヤバいです。どちらかといえばHardly Artの好きなバンドはLo-Fiな感じのするバンドが多いのでレーベルの印象もどちらかと言えばそうなのですがProtomartyrはあえて姿勢を正して正座でもしながら聴きたいほど、美しいサウンドです。かわいさは一切なし、これこそ男、職人的なバンドです。
   
 ヒリヒリするようなパフォーマンス、格好良すぎです。無愛想すぎるボーカルの人、格好良すぎた(笑)。
   
 暑い、外は寒かったはずなのに汗かきました。Protomartyr、ポスト・パンク好きには絶対オススメしたいバンドです。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM